青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 21日

“平介茶屋”でお昼ご飯

月に一度、灘の“甲南漬け本店”に併設されている“平介茶屋”でお昼ご飯を食べます。
“月に一度”・・・というのはメニューが月替わりの定食のみということで・・・。

かまど炊きのご飯、味噌汁、甲南漬けの数種類の漬物、ぬか漬けサラダ、
さわらの味噌漬け、月替わりの煮物に和菓子が付きます。
この中で月ごとに変わるのは煮物と和菓子だけで、あとはほとんど
毎月同じなのですが、ひと月たつと、又このご飯が恋しくなるのです。
かまど炊きのふっくらつやつやご飯とお漬物が日本人の胃袋を
呼び寄せるのでしょうか?

e0121128_2358170.jpg

e0121128_23582261.jpg

このかまどで炊いたご飯が
おひつに入ってついてきて
おかわり自由です。
お代は¥945也です。

古い旅館の日本間でお庭を
眺めながらお食事をいただいているといった感じの
お部屋です。
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-21 00:06 | 神戸とその近郊


<< 世界遺産の“石見銀山”へ      鶏皮のカリカリ焼き >>