2007年 09月 23日

大分県特産“カボス”

相変らず暑い毎日ですが毎年、大分からカボスが届く頃になると・・・
“いよいよ“秋だなあ・・・”と感じます。

時を同じくして油がのった“秋刀魚”が並び、我が家とは無縁の“松茸”が並び始めます。
大分県のお隣の宮崎県では東国原知事が“宮崎県のセールスマン”として大いに
宮崎をPRしていますので負けじと?(勝ち目はない?)大分県の“カボス”のPRを・・・!
なぜに…?
夫が大分県出身という事で・・・。

今でこそ“カボス”もだいぶ知られてきましたが20~30年前はほとんど知られていませんでした。
大分から“カボス”が送られてくるたびに隣近所、友人におすそ分けしてきた甲斐があったのか?
地道な努力が効をなし?“カボス”もだいぶ世の中に浸透してきたようです。(笑)

でも、いまだに徳島の“スダチ”と混同している方が多いですね。
“スダチ”は大きさがゴルフボールよりちょっと小さい位、“カボス”はそれより一回り大きいです。
漢字で書くと“香母酢”・・・いい字ですね。
その名の通り、まろやかな酸味香りは使い慣れるともう手放せません!
秋刀魚に“ジュッ!”
e0121128_14221318.jpg

大根おろしとチリメンジャコに“ジュッ!”
漬物に“ジュッ!”
何にでも“ジュッ!”
もちろん鍋物にも“ジュッ!”
皆様、大分県の“カボス”をどうぞよろしく!
・・・神戸駐在のセールスおばさんでした。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-23 23:50 | 手作りキッチン | Comments(0)


<< 中秋の名月と住吉川のススキ      ベビーリーフの種まき >>