2007年 09月 08日

オーキッドコートのオリーブの木

住吉川を歩いていると住吉川左岸に六甲を背に青銅色の屋根の
立派なマンションが目に飛び込んできます。
バブル絶頂期に建てられた神戸でも有名な超豪華マンション“オーキッドコート”です。
マンションのエントランス周辺には良く手入れをされた樹木がたくさん植えられているのですが
特に目に付くのがたくさんのオリーブの木です。
オリーブの木は“平和の象徴”で“幸せを呼ぶ木”と言われているそうです。
e0121128_13123378.jpg

今日、マンションの前を歩くとオリーブの実が鈴生りにぶらさっがていました。
このたくさんの実をどうするのだろうと毎年、余計な心配をしながら歩くのですが
とにかく手入れの行き届いたこのマンション・・・!
頻繁に植木屋さんが入るのでいつの間にか枝ごときれいさっぱり刈り取られているのです。
この枝でオリーブのリースを作りたいなあ・・・。
植木屋さんがオリーブの枝を刈り取っているところにばったり遭遇したいなあ・・・
なんて厚かましい事を考えながら歩いています。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-08 15:47 | 住吉川散策 | Comments(0)


<< 豆腐の味噌漬け      “イグレック ベルポート”でランチ >>