青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 24日

柿渋染めの工房実習

e0121128_21514097.jpg年に一回、夏の晴天の時に、
通常のビルの中の教室では出来ない実習のために
柿渋染めの先生の「篠山の工房」に伺います。

浸し染め、糸染め、引き染めなど太陽の下での実習です。
暑い暑い今年の夏ですが林に囲まれた工房は日陰に入ると
空気もひんやりと肌に心地よく、つくつくぼうしの鳴き声が
そろそろ夏の終わりを告げているようです。
都会で聴くクマゼミの騒々しさとは違い
静かな林の中で聴くセミの声は不思議と耳にに心地よく、
身体に染み入ってくるのです。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-24 21:53 | 柿渋染め


<< 旧乾邸内覧会      紫陽花の挿し芽 >>