2007年 08月 21日

お気に入りの箸と箸置き

竹で作られたお気に入りの箸です。
e0121128_11283855.jpg

初めて出合ったのは京都のお料理屋さん。
自分が使ったお箸を帰りに和紙に包んで下さいます。
少し長めの、先がきれいに細く削られた竹箸です。
この先の細さ具合が一度使うと手放せなくなるのです。
「細いので食べ物が突き刺しやすいんだろう・・・?」なんて想像しないでくださいね。
どんな食材でもうまいことつまみやすいのです。

最近は竹が見直されていろいろ利用されているようですね。
昔からある竹の皮、竹酢液、竹炭、そして竹炭の入ったケーキも人気のようです。
あまり食欲のわく色ではありませんが・・・。

e0121128_1211770.jpg写真の箸置きは昔、百貨店の“匠の○○”のような催しで買ったものです。
竹の根を磨いたもので同じ形状の物が二つとないということで
はまぐりのような縁起物っぽい感じですね。
二つが一組になっています。
素朴な感じで竹の箸に合うので気に入っています。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-21 12:06 | 暮らしのスクラップ | Comments(0)


<< 便利な塩豚      柿渋で糸を染める >>