2007年 08月 20日

柿渋で糸を染める

柿渋液で糸を染めるのも楽しいです。
柿渋の薄め方、浸ける回数、日の当たり方、媒染剤等、
さまざまな条件によって濃淡、色目がかなり違ってきます。
      
麻糸を柿渋で染めました。
e0121128_1117048.jpg

この染め上がった糸で織物が織れたらうれしいのですが・・・。       
この年になるまでさまざまな趣味をかじっては捨てかじっては捨ての
“三日坊主”の繰り返しでしたのでこの上、織物教室に通う勇気は
“今のところ”ありません。
狭い家の中に織り機なんて・・・!
今までにご用済みになった器具・材料類が山と積まれていますから・・・(汗)

家族からの冷たい視線も感じているこの頃です。
学問のように頭の中に知識が積み込まれていく趣味は場所も取りませんし
大きな道具も要りませんので人知れず励むことも出来るでしょうが、
私のように先ず、“道具ありき・・・”では
「今度は何だ?」ということになってしまいますよね。

今までの三日坊主的な種ゝ雑多な趣味が何らかの形でこれからの趣味に
形を変えてプラスになることを願って“柿渋染め”頑張ります。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-20 11:28 | 柿渋染め | Comments(0)


<< お気に入りの箸と箸置き      アボガド栽培日記 >>