青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 11日

柿渋型染めのテーブルセンター 

e0121128_12172681.jpg柿渋染めの色合いは原料の柿の種類でも微妙に違いますし・・、
柿渋液の濃度によっても違ってきますし・・、
媒染剤(柿渋染ではソーダ・鉄・チタンをよく使います。)によっても
変わってきます。
遊び心で色々な顔料をさす方もおられますが私は柿渋本来の色合いが
好きなのでどうしても色を加えたい時は赤色顔料には弁柄(ベンガラ)を、
黒色顔料には松煙(ショウエン〉を柿渋液に混ぜて使うことがあります。
右のテーブルセンターは花芯に弁柄を入れてみました。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-11 12:31 | 柿渋染め | Comments(0)


<< 新生姜の佃煮とはちみつ漬け      名古屋名物“手羽先のから揚げ” >>