青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 25日

日向夏のジャム

まだハウスものだと思いますが宮崎の日向夏(ひゅうがなつ)が出回り始めました。

e0121128_11312418.jpg
大好きなフルーツの一つです。
身のまわりの白い皮(綿?)の部分が美味しいので表皮の黄色い皮を薄く剥き、
そぎ切りにして食べると爽やかな食味で美味しいですね。

e0121128_11311566.jpg
それはそれでもちろん、とっても美味しいのですが日向夏のジャムが
またとても美味しいのです。
上品で爽やかなお味のジャムはヨーグルトと一緒に・・、
チーズケーキにのせて・・、
アボガドともよく合います。

薄く剥いた表皮は刻んで水に浸けて置きます。
水を変えながら苦みを取りますが茹でこぼしてもいいでしょう。
苦みがあるのは表皮の部分と袋の部分ですが袋は入れませんでした。
ひたひたの水で表皮が柔らかくなるまで煮て、柔らかくなったら砂糖を加えます。
e0121128_11313281.jpg
白い綿の部分には苦みはありませんが他の柑橘類に比べ、白い綿の部分に
ペクチンが少ないような気がします。
さらっとしたジャムに仕上がりました。

e0121128_11314458.jpg
甘い日向夏で酸味が足りないようでしたらレモンなどで酸味を加えた方が
いいようです。
露地物が出回る頃にまた作ってみようと思っています。

[PR]

by ikako-27 | 2016-02-25 11:43 | 手作りキッチン


<< ためしてガッテンのカキ料理      シミが消えた・・ >>