2015年 05月 29日

宮脇綾子の世界展

美術館「えき」KYOTOで開催されている「宮脇綾子の世界展」に行ってきました。

e0121128_16034287.jpg


どなたでも知らずゞのうちに目にしている宮脇綾子さんのアプリケの作品です。
1905年生まれと言えば今から100年以上も前のお生まれですが今の時代にも
全く古さを感じられずむしろ斬新なデザイン性さえ感じられる作品です。
宮脇綾子さんの作品には「あ」というサインが縫い込まれていますがこれは
綾子の「あ」、アプリケの「あ」、自然のものを見て「あっ!」と驚く「あ」、
感動の「ありがとう」の「あ」だそうです。
自然や人間を愛された宮脇綾子さんらしい「あ」ですね。
私がこの春から始めた趣味の参考にもなり、刺激を頂いた展覧会でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

折角、京都まで行きましたので平安神宮の花菖蒲がそろそろ見頃かな?と思い
神苑に寄って来ました。
まだまだ蕾もありましたが見頃です。
混雑を覚悟していきましたが神苑の中は観光客も少なく、ゆったりと苑内を
散策することが出来ました。
コンデジの写真ですが見て下さい。(本日の写真です)

e0121128_16035456.jpg
e0121128_16040578.jpg
e0121128_16041360.jpg
e0121128_16042028.jpg
e0121128_16043810.jpg
e0121128_16044697.jpg
e0121128_16053285.jpg

花菖蒲は一雨欲しそうですね。



[PR]

by ikako-27 | 2015-05-29 16:26 | 暮らしのスクラップ | Comments(6)
Commented by クロはち at 2015-05-30 05:44 x
京都へお出かけでしたか・・・
宮脇さんのアプリケ
庭で見かける植物や 魚 がモチーフにされていますね。
伊勢エビは印象的でした。
陶芸で 吊るしたトウガラシもマネしたことがありました。
京都駅まで行くと やっぱりブラブラしたいですよね。
花菖蒲きれいに咲いていますね~
Commented by ikako-27 at 2015-05-30 08:26
クロはちさん、おはようございます^^
宮脇さんのアプリケ、布の使い方が絶妙でした。
小さな布も捨てられなかったようで・・
布好きの気持ち、よくわかります。
画家のご主人の影響も大きかったようですね。

平安神宮の枝垂れ桜もきれいですが花菖蒲の季節も外せません。
今年はどのお花も開花が早めですね。
紫陽花も色づいてきました。
Commented by tanat6 at 2015-05-30 15:21
宮脇さんの本、私も持っています。
一見ラフに作られているように見えるものも、きちんとしたデッサンがあってこそだということを教えられました。

花菖蒲、綺麗ですね。
Commented by ikako-27 at 2015-05-30 17:44
tanatさん~、
tanatさんの守備範囲は見えてるだけでもお料理は勿論の事、
植物、音楽、焼き物、俳句、手仕事・・、
多方面にわたって広いですね~!
何でも最後は絵心が必要になります。
私はいつもそこでつまずきます・・。(涙)
花菖蒲、綺麗でした。
Commented by jugon at 2015-05-30 23:01 x
ikako-27さん、こんばんは。

このアップリケを知っていましたが、作家を存じ上げませんでした。知らないことが多過ぎ jugon ですみません。
平安神宮の花菖蒲、とても素敵です。睡蓮と花菖蒲の競演が、とても良い雰囲気ですね。
本当に今年はどのお花も少しずつ早くて、ちょっと焦ります。
Commented by ikako-27 at 2015-05-31 08:20
jugonさん、おはようございます^^。
昨夜は大きな地震があったようでビックリされたことでしょうね。
最近は噴火や地震が頻発していて不安ですね。
宮脇綾子さんのアプリケは意識はなくても自然とどこかで
目にしていらっしゃると思います。
雑誌の中の挿絵だったりコマーシャルの中だったり・・
今でも色あせることなく素敵です。
次は紫陽花の季節ですね。
また、jugonさんの素敵な紫陽花を楽しみにしています。


<< 釣って来た蛸を使って・・      保存食に助けられて・・ >>