青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 13日

曳山とからくりの大津祭

昨日(10月12日)は滋賀県の大津祭の本祭でした。
JASS(日本セカンドライフ協会)の大津祭を楽しむイベントを前々から申し込んで
いたのですが二週続けての日本列島への台風襲来で関係者の方々はお祭りの開催に
気を揉まれたことでしょう。
お陰さまで雨に降られることもなく初めての大津祭を楽しんで来ました。
ただいま台風19号が日本列島を縦断中。
神戸も今、暴風雨圏です。
大きな被害が無いようにと願っています。

大津の町中を歩いたのは初めてでしたが戦前の古い町並みがあちこちに残り、
昔の面影を残しています。

e0121128_21303499.jpg
e0121128_21304727.jpg
長柄衆(ながえしゅう)と呼ばれる大津祭に詳しいボランティアガイドが一日、
大津の歴史や町の案内、祭りのガイドをして下さったお蔭でより深くお祭りを
楽しむことが出来ました。

江戸時代初期から400年の歴史があるという大津祭は13基の「曳山」が
コンチキチンのお囃子とともに市内を巡行します。


e0121128_21310240.jpg
e0121128_21311331.jpg
e0121128_21312386.jpg
一番のお楽しみはからくりです。
技術的には高度なからくりではありませんがそれぞれに楽しいからくりをのせた曳山は、
巡行中、各場所ゝで立ち止まり、笑いあり、巧妙な所作ありのからくりを演じます。
子供たちのコンチキチンのお囃子とともに観客は盛り上がります。
楽しいお祭りでした。
観客を飽きさせないお祭りです。
曳山が夜空に提灯に照らし出される宵宮も幻想的でしょうね~
秋のこの時期は暑くもなく寒くもなく良い季節です。
祇園祭は暑すぎますよね~(苦笑)
年寄りには厳しい季節のお祭りです。(笑)


[PR]

by ikako-27 | 2014-10-13 21:46 | 小さな旅


<< 小アジのお寿司      ビーズの容器 >>