青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 14日

デュフィ展へ

あべのハルカスからの展望を楽しんだ後はあべのハルカス美術館へ・・
20世紀前半にフランスで活躍した画家ラウル・デュフィ(1877-1953)
デュフィに関しての知識はほとんど持ち合わせていなかった私ですが
Taoさんのブログでデュフィのことを知り、これはぜひ見たい・・と思ったのです。
絵画を表現していく中で感銘を受けたり、興味を持ったり、人との出会いを通じて
変遷していくデュフィの絵の過程を見ることが出来、興味深かったです。
油絵、水彩画、モノクロの木版画、テキスタイルや服飾、陶器、家具など
たくさんの作品が並べられています。
テキスタイルのデザインなど今でも斬新でオシャレです。
「この生地、バッグに使いたいな~」と思いました。(苦笑)
「この絵、リビングに欲しいな~♪」も・・ね。(笑)

"音を色で表現する"とか"音楽を絵で描く"・・とか言われるデュフィの絵からは
音楽が流れてくるようです。♪
生活の中にいつも音楽が溢れていたのでしょうね。
ハガキはあまり残っていませんでしたが何枚か買って来ました。
e0121128_11333208.jpg


[PR]

by ikako-27 | 2014-09-14 11:38 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)
Commented by Tao at 2014-09-14 20:37 x
"変遷していくデュフィの絵の過程を見ることが出来・・・”その通りですね!
私達は美を追求する芸術家の試みや探求の軌跡を辿れることはなかなか出来ませんが、この生涯展はそれを自分なりに感じる事が出来たように思いました。
私も、あの展覧会以降、彼の絵を飾りたくなりました。
テキスタイルを欲しくなるの、良~~く判ります(*^_^*)
それで何かを作りました!なんて聞いたら、おねだり攻勢ダダダダダ!!
素敵な作品展、同じように見られて嬉しいです。
↓のコメント、ありがとう!ikako夫人に会えなくなっちゃった~!
Commented by ikako-27 at 2014-09-15 08:21
Taoさま
Taoさん、おはようございます^^
一つの美術館の収蔵展とは違い色々な美術館からのデュフィの作品を
見ることが出来ましたね。
いつも素敵な情報をありがとうございます。
これからもTaoさんの情報を楽しみにしています。♪
Commented by evecookymama at 2014-09-16 09:48
デュフィの作品はも見たこと無いけど、
ハルカスの近くの美術館に[子供展]が開催されています。
モネ、ルノアールなど印象派の画家の作品です。
芸術の秋ですねー
Commented by ikako-27 at 2014-09-16 13:18
eveさま
eveさん、こんにちは^^
芸術の秋ですね。
私は絵のこと全然詳しくありません・・。。。
ただ好みだとか好みじゃないとか・・、自分勝手な視点で
楽しんでいるだけなのです。(苦笑)
天王寺公園の中の美術館で「子供展」開催されてますね。
ハルカスの上から見た天王寺公園は広いですね~
行ったことないんです・・。。。


<< 読書の秋      天王寺へ >>