青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 05日

見ると聞くとでは・・?

世間さまが大移動される時ははじっとしているのが信条なのですが花には見頃というのがありますので
ゴールデンウィークの真っただ中に出かけてきました。

行った先は奈良の「春日大社」です。
春日大社の社紋は「下り藤」。
藤は境内随所に自生し、 御本社の「砂ずりの藤」が有名・・?
この藤は樹齢約800年と古く藤の花穂が1m以上垂れ下がり地面の砂を擦るほどのびることから、
この名前がついているそうです。
また、隣接する万葉植物園では20品種/約200本の藤が栽培されていて今が見ごろだとか・・
ホームページでチェックしながら今年こそ行ってみようと思っておりました。

期待に胸弾ませてくぐった春日大社の南門・・。。。
e0121128_2118381.jpg

砂ずりの藤です。
e0121128_2119973.jpg

「えッ?!これがあの有名な・・?」
砂ずりには程遠いかな・・?

御蓋山(みかさやま)の山藤が綺麗です。
e0121128_21194039.jpg

春日大社境内の多賀神社の藤も綺麗でした。
e0121128_2120885.jpg
e0121128_21202177.jpg


この後、隣接する万葉植物園に向かいました。
たくさんの藤が植えられています。
e0121128_1174781.jpg
e0121128_1175962.jpg

写真のマジック?も多分にあるかもしれませんが・・(笑)
藤の香りが届きましたでしょうか・・?
[PR]

by ikako-27 | 2014-05-05 11:11 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by ひよこ at 2014-05-05 22:26 x
藤の花いい香りですよね~。
茨城の笠間稲荷の境内にもあるんですよ、房が超長くなる藤。
確かに、ニュース映像などではすご~く見えるんですけどね~。
今年はたまたま成長はいまいちとか?まだ咲き初めでしたか?
満開過ぎる頃には結構長くなっていたりするみたいですが。
Commented by Tao at 2014-05-05 22:51 x
藤の花って、ろうたけたって言う言葉にぴったりですね。
でも、私は相当古い人みたい!ろうたけたって打ってもカタカナにしか
変換できないの!(^^)!
とても、クラシックな奈良ホテルに泊まった時、早朝 春日大社を散歩
したことを覚えています。
がさつな私ですが、神々しい光を浴びているような気分になりました。
Commented by ikako-27 at 2014-05-06 08:40
ひよこさま
ひよこさん、おはようございます^^
奈良駅で乗ったタクシーに行先を告げ、
「藤の花を一度見てみたくって~♪」と話すと、運転手さん曰く・・
「昔は綺麗でしたけど最近は気も弱っているんでしょうかね~?」と
話し始めたので「エ?エ?エ~?」と不安に思ったんですけどね~
砂ずり・・って昔の話のようですね~
花数も少なく、弱々しい花でした。
野生の藤は元気でしたよ~!(笑)
Commented by ikako-27 at 2014-05-06 08:49
Taoさま
Taoさん、おはようございます^^
「臈長けた ・・」って打ってみました。
ホント、漢字に変換できませんね。
私も時代本の中でしかお目にかからない言葉です・・(苦笑)
春日大社を出るとすぐ近くに奈良ホテルがあります。
時代を感じさせる重厚で立派なホテルですね。
せっかくなので奈良ホテルでお昼を頂いてきました。
連休中でしたのでメインダイニングルームは予約でいっぱいでしたので
残念ながら別のお部屋でしたが・・。。。


<< カルガモの赤ちゃん      京都へ >>