2014年 05月 03日

京都へ

連休の谷間に京都へ行ってきました。
目的は京都駅の美術館「えき」で行われている長谷川義史さんの「絵本原画の世界」を
観ること。
せっかく京都まで行くので北山の府立植物園まで足を延ばしてきました。
五月の陽光を浴びた柔らかな新緑が目に優しく飛び込んできます。

e0121128_11213423.jpg
大きなハンカチの木を初めて見ることが出来ました。
e0121128_1135315.jpg

時折吹き抜ける5月の爽やかな風に白いハンカチが揺れます。♪
e0121128_11351942.jpg


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関西の情報番組の中で「とびだせ絵本」という人気のコーナーがあります。
絵本作家の長谷川義史さんがスケッチブックを片手に一日旅をしながら町や村を訪れ、
そこで出会った人々とのほんわか温かい交流の中から素敵な心和む絵が生まれます。
そんな長谷川義史さんの絵本原画展です。
e0121128_13134417.jpg

心和む、クスッと笑顔がこぼれるような楽しい原画展でした。
[PR]

by ikako-27 | 2014-05-03 13:21 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by pain-au-rasins at 2014-05-03 22:10
ikakoさん こんばんは^^

京都は人が多くなかったですか?
新緑の季節が一番好きです^^
暑くなる前に京都に又行ってみたいです。
このお花白いハンカチという名前なのですか?
珍しいですね!
長谷川義史さんの絵ほのぼのとしていてお人柄が伺えますね^^
↓ikakoさんの筍料理どれも美味しそうです。
私も油揚げはフードプロセッサーにかけています。
右上のはシーチキンと和えられてるのでしょうか?

Commented by ikako-27 at 2014-05-03 22:30
ノアさま
ノアさん、こんばんは^^
新緑の季節は私も大好きです。
自然が生命力に満ちゝていてエネルギーを貰えそうな気がしますね。
京都はいつも観光客でいっぱいですが今回は京都駅と広い植物園
のみの京都でしたので人ごみはあまり気になりませんでした。
この木は「ハンカチの木」です。
白いハンカチが揺れているようなのでこの名前が付いたのでしょうか?
遠くからも目立つ木でした。
「ちちんぷいぷい」でおなじみの長谷川義史さんの原画展、
良かったですよ。
右上の筍料理は姫皮の胡麻酢和えです。
姫皮のみの和え物です。
Commented by Tao at 2014-05-04 21:55 x
フットワークの軽いikakoさま こんばんは(^_-)☆
ハンカチの花時は短いのに、綺麗な時に出会えましたね。
この時季のケヤキや楠も、エネルギーを降り注いでくれますね。
新緑のエネルギーを頂いては、また心楽しくお出掛け~!
長谷川義史さんの絵も、ほんわかと暖かく懐かしいですね。
微笑みに充たされて帰路に付けば、疲れも消えてしまうでしょ?
それで、明日はどこに・・・かな?
Commented by ikako-27 at 2014-05-05 09:30
Taoさま
Taoさん、おはようございます^^
フットワークの軽いのは Tao さんも・・
速足もよく似ていますね。
京都行きをご一緒した友人は歩きながら、
「足並みが合うので歩きやすい」と言ってくれました。
速足同士です。(笑)
ハンカチの花時は短いのですね。
丁度出会えて良かったです。

>それで、明日はどこに・・・かな?
また、出かけてきましたよ~


<< 見ると聞くとでは・・?      筍三昧 >>