青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 08日

分葱(ワケギ)を使って・・

ワケギをたくさん頂きました。
e0121128_15552388.jpg

「どんな料理に使おうかしら?」と考えてみれば・・
ぬた(酢味噌和え)を作る時にはワケギを買っていましたが
その他の料理に使う時にワケギを買ったことがありませんでした。

改めて「ワケギ」をネット検索してみました。
○ 生産地では広島が断トツで、ネギと玉ねぎの中間種。
○ 火を通す料理に向いている。
○ 東日本ではでは葉ネギの株別れが多い品種、「分けネギ」を「ワケギ」と呼ぶことがある。

東日本と西日本ではワケギと言っても違うものをさす可能性もあるのですね。
東西の違いと言えば、40年ほど前・・、結婚を機に東から西に移ってきた時に
流通しているネギの違いに驚きました。
東では太めの白ネギが主流でした。
「あさつき」という細い青ネギは高い値段で売っていたような気がします。

当時、関西ではネギと言えば細めの青ネギが主流でした。
根から葉先まで全部食べられて使い勝手の良い関西の青ネギのファンになりました。
京都の九条ネギも好きです。

話が脱線しましたが・・
ワケギの使い道にこだわらずネギ料理いろいろに使ってみました。

定番のぬたに・・、
だし巻き卵にも刻んだワケギをたっぷり入れて・・
e0121128_15474868.jpg

牛肉と煮込んだり・・、
ワケギに牛肉を巻いて甘辛いタレで焼いてみたり・・
e0121128_15492679.jpg

ワケギをたっぷり入れてネギ焼きにしたり・・。。。
e0121128_15511743.jpg

カロチンたっぷり、美味しく頂きました。
ついでに切り落とした根は植木鉢に挿しこんでおきました。
[PR]

by ikako-27 | 2013-04-08 15:59 | 手作りキッチン


<< おうちギャラリー訪問      ゴルフ用小物入れ >>