2012年 11月 04日

「からつもの」

夫の会社時代の同僚のお一人は退職後に唐津に移り住み、築窯し陶芸三昧の日々を送っておられます。
昨日、11月3日に京都民藝協会の「秋のつどい」が京都で開かれ、その方も出品されるということで
昔の同僚たちと出かけて行きました。

「片口があったら買ってきて・・」と頼みました。
「いつもお世話になっているのでプレゼントします。。。(笑)」
・・と買ってきてくれたのがこちら・・↓(写真が思うように写せません・・)
e0121128_10453945.jpg


さっそく、毎日の食卓で使わせていただこうと思います。
こちらはおまけ・・。↓
e0121128_10455721.jpg

こちらは何年か前に初めての個展をされたときに夫が買ってきたとっくりです。・・↓
一輪挿しとして使わせていただいてます。
e0121128_10462159.jpg

「古陶片に学び一歩でも近づきたい、また新しいものも生み出したい、と努力することが
楽しくて仕方ありません。  ・・・・・・・・・・・・」
・・としおりにつづられていました。
[PR]

by ikako-27 | 2012-11-04 11:45 | 暮らしのスクラップ


<< メガネ入れ、いろいろ・・      アルミ製シフォンケーキ型 >>