2012年 06月 05日

血圧降下剤中止のその後・・

血圧降下剤を中止した日からほぼ一ヶ月。
ブログの投稿も滞り、心配してお電話をいただいたりしましたが・・
うだうだと自ら体調を壊すような日々を過ごしておりました。

ある日、体調のすぐれなかった夜、夫も外出で午前様の帰宅。
静まり返った深夜の部屋で血圧計を腕に巻き「ウォ~~ン~」と唸る血圧計の音が止まり、
血圧計が示す数字をを見た途端に胸の動悸が高鳴り「ドキン!!!ドキン!!!」
それは今までに見たこともないような数字でした・・
この日を境に血圧計恐怖症が始まって血圧計を前にすると反射的に胸の高鳴りが始まって
自分では平常心を保っているつもりが血圧計は敏感に反応して高い数字を示すようになりました。

「血圧の数字に一喜一憂しなくても大丈夫ですよ・・」
・・とは言われながらも降下剤中止を自ら放棄。
投薬をお願いすることとなりました。
以前飲んでいた薬とは違う投薬が始まったのですが2週間飲んでも血圧は一向に下がらず・・。
薬が合わない為か精神的な動揺が血圧を高くしているのかそれはわからないのですが・・?

以前飲んでいた薬と同じ薬の処方をお願いして数日経ちました。
きれいに安定していた時と同じ薬を飲むことで安心感が戻ったような気がしています。
日常生活も今まで通り普通にこなす毎日ですが血圧計に対するトラウマは完全には
消えていないので血圧計を見たくないんですよね~

血圧を上げそうなパソコン、塩分の強い食事・・
何となく敬遠しています。

情けないほどの精神力の弱さを露呈してしまった今回の出来事でした。
ウォーキング、頑張ろう!
健康の大切さを痛感しています。

道端のドクダミが可愛い季節ですね。
e0121128_16251917.jpg

皆さまも健康な毎日をお過ごしくださいね。
[PR]

by ikako-27 | 2012-06-05 16:32 | 暮らしのスクラップ


<< 岡本散策      第10回 柿渋クラフト研究会作品展 >>