2012年 02月 11日

雪化粧の兼六園

金沢は今日も雪になりそうです・・。
晴れているうちに兼六園に向かいました。
石川門も雪化粧。
e0121128_1116314.jpg
観光客が必ず記念写真を撮る撮影スポット・・ことじ灯篭です。↓
e0121128_11245245.jpg
霞ヶ池も凍っています・・。↓
e0121128_1126745.jpg
e0121128_11262990.jpg

あっという間に激しい雪になりました・・。
唐崎松にも雪が降り続きます。↓
e0121128_11341429.jpg

枝を雪の重みから守るための雪吊り作業は、毎年「唐崎松」から始めるそうです。
園内随一の枝ぶりを誇るこの松には、5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で
枝を吊っているそうですよ。
北陸の冬の風物詩ですね。

兼六園の次に向かったのは妙立寺(みょうりゅうじ)。(人呼んで・・忍者寺)
このお寺を見学するのは3回目です。
加賀三代藩主の前田利常公が建立したそうです。
当時は幕命で三階建て以上の建築は禁止されていたので外観は二階建てですが
内部は四階建て七層になっていて外敵がやってきた時に逃げる為の仕掛けがいっぱいあり
堂内は迷路のようになっています。
なかなか面白いお寺です。
説明をしてくれる女性が話し上手だと尚更面白いですよ。
1回目〇、2回目△、3回目〇でした。(笑)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお寺を出たところに落雁で有名な諸江屋がありました。
e0121128_1261241.jpg

そこで・・
教養の無さを見破られてしまいました・・(苦笑)
落雁の良し悪しをいろいろ説明して頂いて・・。
お味見の為の落雁を差し出されました。
一つつまんで口に入れ・・
ガリッ!」

お年寄り、男性の店主の顔色が変わりました・・
「落雁は噛んではダメなんです!落雁のことをよ~くご存じの方と思っていましたが・・?
ショック!ガッカリだな~!」
もう笑うしかないです・・爆笑です。

飴でも何でも口に入れるとすぐに噛んでしまう癖のある私・・
これから落雁を口に入れたら溶けるまで決して噛みません・・。(汗)
[PR]

by ikako-27 | 2012-02-11 15:00 | 小さな旅


<< お待たせしました・・      雪の北陸へ >>