青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 14日

雪が降る・・

お昼ごろから雪が降り始めました。
神戸では珍しくしんしんと降り続いています。
木々も雪の綿帽子をかぶり、歩道もうっすらと雪化粧です。
e0121128_17523027.jpg

久し振りの白い世界を眺めながらも詩人にはなれない私ですが・・

凍てついた夜空の星を眺めながら宮沢賢治の「雪渡り」を思い出したのはTaoさん。
素晴らしい感性をお持ちのTaoさんです。
ネットで検索すると宮沢賢治の「雪渡り」が公開されていました。
リズミカルで楽しいお話を読んでいるうちに私もTaoさんのように声に出して読んでいました。
(家の中には私ひとり・・笑)
声に出すってとっても気持ちのいいことなんですね。♪

皆さんもこの「雪渡り」、声に出して読んでみませんか?
おすすめです。
[PR]

by ikako-27 | 2011-02-14 17:54 | 暮らしのスクラップ | Comments(6)
Commented by Tao at 2011-02-14 21:35 x
まあ!私の事が・・・! 感性ですって? 恥ずかしいなあ!
でもね、朗読の楽しさをお勧めして下さって嬉しいです。
ありがとう!
宮沢賢治の作品は、声に出してこそ!って思いますね。
MONAさんがコメントしてくださった”水仙月の四日”も
検索して印刷、朗読を楽しみましたよ。
朗読の輪 広がるといいですね!

Commented by ikako-27 at 2011-02-14 23:34
Taoさんの了解をいただかないで勝手にブログに書いてごめんなさいね。
日々の暮らしの中でTaoさんの温かい眼差しが見つめる先には
私が気がつかないで見過ごしてしまっているキラリと光る宝物が
転がっています。
Taoさんの鋭い感性と持って生まれた優しい心が見つめる先にある
大切な物を、折に触れて気付かせて下さって感謝です^^。
久し振りに声を出してお話を読みました。
声に出して読むには宮沢賢治の作品はうってつけですね。
人に楽しく聞かせるには修行が要りますけどね。(笑)
誰もいないときのひとりだけのお楽しみです。(苦笑)
「水仙月の四日」もコピーしました。
Commented by keichangarden at 2011-02-16 10:09
宮澤賢治と言えば学生の頃、「永訣の朝」を声を出して
何回も朗読した思い出があります。
読み聞かせが好きで、子供が小さい頃は、何冊も本を読んで聞かせていましたが、最近はすっかり忘れていました。
声を出すのは、大切ですよね。
Commented by ikako-27 at 2011-02-16 16:54
keichangardenさま
「永訣の朝」、記憶に強く残っています。
忘れていた記憶がよみがえりますね。
中学の教科書で出会ったのでしょうか?
また、検索してみました。
心が震えてきますね。
YouTube の朗読も聞きました。
さすがプロの朗読でした。
Commented by Etsuko at 2011-02-16 22:48 x
声を出して本を読む事が近頃評価されていますね。
確かにデジタルな文字や音声が溢れる今、肉声の温かみに癒されます。
早速「雪渡り」をプリントしました。手に持って声を出して読んでみたいです。
声を出して本を読むって事、子供に読み聞かせて以来忘れていました 汗 
Commented by ikako-27 at 2011-02-17 00:28
Etsuko さま
Taoさんのブログで忘れていた思い出がよみがえりました^^。
私は誰もいない部屋で一人芝居?ですが Etsuko さんには
喜んで聞いてくれるかわいいお孫さんがいらっしゃいますね~♪
「雪渡り」はリズミカルな擬音語がたくさん出てくるのでお孫さんが喜びそうですね。


<< 〇〇が居ぬ間に・・?      おうちギャラリー訪問 >>