青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 31日

夏の日差しの下で・・

「暑い!暑い!」とばかり言ってないで・・?

こんなギラギラ照りつける夏の太陽は濃淡のはっきりした柿渋染めをするには
もってこいの季節です。
わかってはいるのですが・・
真夏の太陽を浴びる勇気と根性がありません・・(苦笑)

室内で「柿渋塗り」をしています。
木工教室に通っている友人から手作りの木工作品をいただきました。
「柿渋を塗ってみて~!」

「50%に薄めた柿渋液を刷毛で塗ってはボロ布で刷り込む・・」
「・・」を何回も何回も繰り返しています。
e0121128_1526574.jpg

いつまで塗るか・・?
止め時が・・???
柿渋染めは時間の経過とともにだんだんと色が濃くなっていきますのでそろそろ
いったん止めておきましょうか?
だいぶ色が入りました。
e0121128_15304313.jpg


お菓子や陶器が入っていた木箱も柿渋の液を塗ると素敵に変身しますよ。
これは何が入っていた箱だったか・・?
蓋に型染の糊を置いて柿渋液を塗ってみました。
e0121128_15343876.jpg
捨てる前にいかがですか?
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-31 15:36 | 柿渋染め | Comments(2)
Commented by chacha at 2010-08-01 19:54 x
ステキですね~。
そういえばさっきソーメンの木箱をすてようかどうしようかと迷ってたところです。

友達が別荘を建てたとき、一枚板の長ーいカウンターを付けたんです。
そこに大工さんがしっかりと柿渋をぬったのはいいのですが、時間とともに濃くなっていき、友達はがっくりきてました。
やめ時がむずかしいですね。

スイス旅行記楽しませてもらいました。
食事、飲み物も楽しかったわ。
Commented by ikako-27 at 2010-08-01 23:22
chachaさま
捨てるのがもったいないような木箱がありますよね~
でも「もったいない、もったいない」で収拾がつかなくなってしまう
のも・・?ねぇ~(笑)
はっきりとした使い道の目的を決めてから・・ですね!

そう・・柿渋はだんだん濃くなるんですね~
面白くもあり、先が読めない不安もあり・・ですね。
薄いのを濃くすることは出来ますが濃いのを薄くするのは無理かな???
スイス旅行・・、もう現実に戻って夢の中の話のようです。(笑)


<< オクラを使って・・①      この暑いのに・・ >>