2010年 03月 25日

草木染め・・枇杷の葉

桜の次は枇杷の葉を煮出してみました。
e0121128_23362197.jpg
枇杷の葉は桜に比べると色の出るのも早く、色も濃いようです。

写真ではなかなか同じ色が出せないのですがびわの葉で染めたストールは
まさにあの「枇杷の色」・・
e0121128_23401267.jpg
①は最初の煮出した液で染めたもの。
液に浸けたストールはみるみる色を吸い取り枇杷色に染まっていきました。
ミョウバン媒染です。
一度煮出した枇杷の葉に水を入れて再び煮出した液で染めたストールはちょっと薄めの
みかん色・・。
鉄で媒染したものは草色がかった茶色に染まりました。

同じ色は二度と出ない、出せない・・
柿渋染めも同じです。
「出たとこ勝負・・、成り行き任せ・・」 (サイコロ賭博?笑)
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-25 00:03 | 手作り | Comments(8)
Commented by hirobou at 2010-03-25 06:45 x
草木染めが続きますね。刺激されています。
煮出しの中のオレンジの色もいいですね。煮出しの色をそのままにと言うのは何の媒染がいいのでしょう?

ikakoさんに教えて頂いた重曹、やってみました。言われたようにグレーから茶色になりましたが色がうすく、また柿渋の液に入れて干しました。

ジャケットを作りたいので、あまり濃度の濃い液には入れないほうがいいと言われました(5倍くらいにしています)

もう少し染めの回数を繰り返します。
良い事を教えていただきました。

私も草木染をしたくなりました。スカーフを春の風になびかせて、お花見なんていいですね。
Commented by ikako-27 at 2010-03-25 08:44
hirobou さま
おはようございます^^
重曹の媒染は乾いた後、もう一度媒染するともっと濃くなります。
柿渋→重曹→鉄媒染の順でもいいですよ。
草木染めも面白いですがもう染めるものがありません・・。
木綿の布も下処理をして染めてみましたが少しムラが出ました。
シルクの方がきれいに染まりました。
横道にそれて遊んでいるうちに柿渋染めのやり方を忘れてしまいそうです・・(笑)
Commented by hirobou at 2010-03-25 18:35 x
ありがとうございます。
分からない事が、あっという間に答えが返ってきます。

分からない事だけが、すぐに分かると言うありがたさです。
すぐにやってみます。
Commented by ひよこ at 2010-03-25 18:42 x
草木染っていいですね~。
今年みかん染めした植物公園で、一昨年びわ染め、その前の年に
さくら染めをしました。
でもその時だけで、再度自分では試してないんですよ^^;
Commented by Etsuko at 2010-03-25 21:23 x
桜、枇杷、次々染まっていきますね。
染をしたことのない私にはどうしてこんな色が出るのかな?と不思議です。
媒染一つで思いがけない色に仕上がるのですね。
勇気のいる作業ですね。でもとても楽しそう!
優しい色のスカーフが春のそよ風に揺れる様、目にうかびます。
Commented by ikako-27 at 2010-03-25 22:38
hirobou さま
重曹の媒染ですが2回までは濃くなりますがそれ以上は何回しても
変化はありませんので念のため・・
うまくいきますように・・♪
Commented by ikako-27 at 2010-03-25 22:42
ひよこ さま
私もまた、今度みかんで染めてみますね~
「この草はどんな色に染まるのだろう・・?」
道を歩いていても草木が気になります・・。(笑)
ひよこさんは糸を染めて織物が出来ますね~
Commented by ikako-27 at 2010-03-25 22:47
Etsuko さま
あれこれ手を出す癖のある私が今度は草木に手を染めてしまいました。(苦笑)
もっと若かったらきっとのめり込んだかも知れません・・???
草木から出る色はとても優しい色です^^


<< 居空間 RoCoCo [いくう...      草木染め・・桜 >>