青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 24日

筒描の輝き・・

新聞を廃棄処分する為に整理しているときにふと目に入った案内・・

藍染に見る絵と文様」-“筒描(つつがき)の輝き” 
 姫路市書写の里にある美術工芸館にて・・~12月23日(祝)

柿渋染めでも使う「筒描」の文字に魅かれ、行ってきました。
姫路の書写山のふもと・・竹藪の奥に立派な工芸館が建っています。
e0121128_002295.jpg

姫路に古くから伝わる郷土工芸品の数々が展示されています。
また、折々の特別展示や工芸品の体験教室なども催されているようです。

筒描(染めたくない部分に筒にいれた糊で布に絵や文様を描き染め分ける)で染め上げられた江戸後期から明治頃の布団地や夜着、風呂敷、幕などの素晴らしい庶民や商家の日用品が60点ほど展示されていました。

松竹梅や鶴亀、鳳凰などの吉祥文様が中心です。
親が娘や息子のために注文した愛情のこもったものなのでしょうね。
それに答える日本の職人芸の素晴らしさが伝わってきます。
e0121128_014910.jpg
e0121128_093811.jpg
e0121128_094941.jpg


別室では郷土玩具の「姫路張り子」の職人さんが来年の干支の寅の張り子を
制作していました。
粘土で作った「瓦型」を使ってペタペタと和紙を張り、乾かしてはずして張り子を
作っていきます。
自分で張り子の寅の絵付けが体験できるというので私も作らせてもらいました。
猫のような?犬のような?寅のような?私の張り子が出来ました。
e0121128_021462.jpg

お正月の準備は全く出来ていませんが何だかひと足早くお正月気分です・・。♪
[PR]

by ikako-27 | 2009-12-24 00:31 | 手作り | Comments(8)
Commented by Miller at 2009-12-24 05:47 x
↑の張子がikako-27さんの作品ですか?
何かを見て驚いているトラさんに見えますね(笑)

去年初めて「おせち」作りをやめて、市販の「おせち」を買ったのですが、
今年は買うのもやめようと思います。

なんとなく夫婦二人きりで年越ししそうな感じなので、
本州風に「年越し蕎麦」で過ごしてもいいかなぁ~って思ってます(あとはお酒とおつまみがあればそれでいい。。)

母の退院もいまのところ決まっていません。

昔は(子供たちが小さい頃は)クリスマスもお正月もお料理を沢山作って盛大におこなったものでしたけどね、、
年々ひっそりとしていきます。

でも、
私はこんな感じの過ごし方が理想でした。
ようやく「こんな風に過ごせるようになった」・・・感
Commented by hirobou at 2009-12-24 06:01 x
朝から、にこっとしてしまいました。顔を描くと性格が出ます。
とても優しそうなおっとりとしたトラですね。

私は目がつり上がった怖いトラになったらどうしましょう(笑)
何だか朝からほんわり良い気分になりました。

暇なのに、年賀・クリスマス・お正月何もしていません。1月1日は6人集まります(どうしましょう)
Commented by ひよこ at 2009-12-24 09:29 x
藍染の筒描での伝統模様、ダイナミックで素敵ですね~!
ずっと見入ってしまおそうです。
ikakoさんの寅さんは優しい表情ですが、大丈夫ちゃんと寅です!
Commented by Etsuko at 2009-12-24 20:27 x
筒描の模様、威勢のいいものばかりで元気な日本!を感じます。
張子、これまた日本の伝統ですね。
優しくて可愛い虎!
微笑ましいですね~
Commented by ikako-27 at 2009-12-24 23:36
Millerさま
寅の絵付けをすることになるとは予定外でしたが楽しかったですよ~♪
初めは一人でしていたのですがその内に子供達が一人、二人と増え
賑やかになっていきました。
寅の次の兎も作りに行こうかと鬼も笑うようなことを考えています・・。(笑)

私も年々、手抜きイベントになっていきます。
でも来年のお正月は娘夫婦が来るのか?来ないのか?でお正月の準備も
変わってきそうです・・。(苦笑)
「年越し蕎麦」は必ず食べますがこれって本州風なのですか?
Commented by ikako-27 at 2009-12-24 23:42
hirobou さま
顔を描くと性格が出ます・・か?
何だか気の弱そうなおびえたトラですね~
hirobouさんのトラは気がよく親しみやすい元気なトラかな?
Commented by ikako-27 at 2009-12-24 23:48
ひよこさま
古いものなのに古さを感じない素晴らしい藍染でした。
ちょうど同じようなお仕事をしている方が広島から見に来ていらして
お話をしました。
大変な工程のようですね。
木綿地も昔のほうがずっと良かったそうです。
伝統を受け継いでいくのは大変ですね。
でも消えないでほしいですね~
Commented by ikako-27 at 2009-12-24 23:51
Etsukoさま
自分で色を塗った寅さんは下手でも愛着がありますね~
十二支を自分の手で色づけするという大きな目標を立てましょうか・・?(笑)


<< 今年もお世話になりました・・      湯婆 >>