2009年 05月 21日

宮崎の旅②・・飫肥(おび)から西都原へ

宮崎の旅、二日目は宮崎の小京都「飫肥」へ向かいます。
日南の海岸線を離れ、飫肥への道はずっと杉木立の山々に囲まれています。
e0121128_15274923.jpg

飫肥は天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏の5万1千石の
城下町として栄えたところだそうです。
飫肥城大手門です。↓
e0121128_1534090.jpg
水路には鯉が泳ぎ・・
e0121128_15352775.jpg
古い石垣から伸びているベゴニアの花がかわいいです・・。
e0121128_15364253.jpg
本町商人通りは古い町並みの雰囲気を残したお店が続いています。
e0121128_15414443.jpg
ここで飫肥城下町「食べ歩き・町歩き」MAPを1000円で買うと、資料館や飫肥城跡、
小村寿太郎生家、藩校などの共通入館料と町のお店の名物を食べることが出来る
5枚の引換券が付いています。
e0121128_15574421.jpg
これを持って何を食べようかとうろつくのも楽しいですよ~
食べたものは日向夏の餡が入った「寿太郎巻」、醤油味の「串団子」、殿様の食べた卵焼き「飫肥の厚焼」、昔ながらの「姫アイス」、お腹がいっぱいになったのでもう一枚は「長寿箸」と引き換えました。
e0121128_155633100.jpg

お殿様が好きな卵焼きは甘くて柔らかいプリンのような食感の卵焼きでしたよ~

この後は西都原古墳群へ向かいます。

東西2.6km、南北4.2kmの広大な土地にさまざまな形の311基の古墳が点在しています。
緑いっぱいの丘陵地でどこにカメラを向けても絵になりそうな風景です。
e0121128_17254142.jpg
e0121128_17255760.jpg
e0121128_17261392.jpg
e0121128_17262454.jpg
タバコやお茶の畑もありました。
e0121128_17342113.jpg
初めて見るタバコ畑です。 ↑
古墳が目に焼き付いて小高いこんもりした草原を見るとみんな古墳に見えてきます。(笑)
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-21 17:47 | 小さな旅 | Comments(7)
Commented by liuxin1952 at 2009-05-21 18:12
子供の頃 我が家でもタバコを作っていました。
暑いし、ヤニが一杯着くので手伝いが嫌でした。^^;
Commented by hirobou at 2009-05-21 21:32 x
2日間の宮崎の旅、素晴らしい所に映りました。
3組のご夫婦で旅と言うのも羨ましいお話です。

したい事・行きたい所がいっぱいですね。
Commented by ikako-27 at 2009-05-21 23:32
liuxin1952さま
昔は岡山でもタバコを作っていたのですね~
今はたばこ農家は少なくなったのでしょうね。
花は全部、切り取ってありました。
葉に栄養が行くように花を切り取るのでしょうね。
liuxinさんは良くお手伝いをする子供さんだったのですね~(笑)
Commented by ikako-27 at 2009-05-21 23:41
hirobou さま
宮崎はいいところですよ~
長いお付き合いで何回か一緒に旅行をしています。
宮崎の友人は金柑を送ってくれる友人です。
宮崎に住んでいる間に一度訪ねようと話していましたがやっと実現しました。
まだ行ったことがないところばかりの日本です。
Commented by ran1005 at 2009-05-25 18:31 x
プリンの様な卵焼き美味しそうですネ
どうやって作るんでしょう??
沢山美味しいものがあって宮崎は魅力的なところですネ

タバコの花ご覧になった事がありますか?
葉が理想的に成長するために早く刈り取られてしまいますが昨年の夏偶然松本郊外で写し2008.8.7にblogしています
画像でお送りしたかったのですが制止がかかりました

Commented by ikako-27 at 2009-05-25 22:51
ran1005さま
お殿様に献上したという飫肥の「卵焼き」はおかずというよりデザートのような
甘くてプリンプリンしたものでした。「炭火焼」と書いてありましたので
じっくり時間をかけて焼くのでしょうね~
宮崎はおいしいものがたくさんありました。

タバコの花は切り取ったあとがありました。
ブログを見せていただいたのですが残念ながら見つけられませんでした。
Commented by ran1005 at 2009-05-29 21:06 x
大変失礼いたしました2008.7.8の間違いでした

http://blog.goo.ne.jp/ran10052005/d/20080708


<< 宮崎の旅③       日向の国・・宮崎へ ① >>